オロナインはデリケートゾーンに塗っても大丈夫なの?

オロナインはデリケートゾーンに塗っても大丈夫なの??|黒ずみに効果あるって噂を徹底検証!!

 

 

デリケートゾーンの黒ずみというのは深い悩みのひとつですよね・・・。

 

そんなデリケートゾーンの黒ずみを綺麗にする方法としてオロナインが効果的との噂があるのをご存知でしょうか??

 

いろんなサイトで効果を解説しているものを見かけたことがありますが、果たしてどうなのでしょうか・・・。

 

こちらのページでは、そんなオロナインのデリケートゾーンの黒ずみを綺麗にする効果の有無について解説していきたいと思います。

 

オロナインは価格も安いですし、家庭にひとつはあるアイテムだと思いますので、デリケートゾーンの黒ずみ解消効果があるならこれ以上使いやすい商品はありません。

 

以下でオロナインのデリケートゾーンの黒ずみに対しての美白効果を解説していきますので、興味のある方は一度チェックしてみてください^^

 

 

 

 

 

 

そもそもオロナインってなに??

 

 

 

オロナインは非常に用途も多く、使い勝手のよいクリームなのは間違いありません。

 

オロナインとは大塚製薬から販売されている皮膚疾患外傷治療剤の商標名になります。

 

かなり昔からある軟膏で、一家にひとつはあるロングセラーのアイテムです。

 

知名度の高い商品で同系統の軟膏の中でも特に人気があり長く愛されている商品になります。

 

オロナインの成分

有効成分(1g中):クロルヘキシジングルコン酸塩液(20%):10mg

 

ラウロマクロゴール・ポリソルベート80・硫酸AL/K・マクロゴール・グリセリン・オリブ油・ステアリルアルコール・サラシミツロウ・ワセリン・自己乳化型ステアリン酸グリセリル・香料・精製水

 

参照:大塚製薬

 

 

オロナインは使い勝手が良く用途が多いのが魅力です正式に記載されているものを抜粋すると、吹出物、尋常性ざ瘡(にきび)、はたけ、軽いやけど、しもやけ、ひび、あかぎれ、各種外傷、水虫、たむし等々が主な効能になります。

 

確かにここまで効くものがあると黒ずみにも効きそうな感じはありますよね・・・。

 

 

デリケートゾーンのかぶれ・できもの・傷にはどうなの??

 

 

 

黒ずみの前にまずは、デリケートゾーンのかゆみ・できもの・傷に使えるのか、効果があるのか見ていきましょう。

 

 

デリケートゾーンのかぶれに塗っていいの??

 

答えはから申し上げますとNOです。

 

デリケートゾーンを含めたかぶれには使わない方が良いです。

 

これについては大塚製薬のオロナインのページで確認したのですが、「よくある質問」に以下の説明文の記載があります。

 

湿疹(ただれ、かぶれ)、虫さされ、化粧下に使ってはいけない理由は?

湿疹(ただれ、かぶれ)、虫さされは、症状が悪化したり、副作用が起こりやすくなるためです。

 

また「してはいけないこと」の中に「次の部位には使用しないで下さい。湿疹(ただれ、かぶれ)、化粧下、虫さされ」との記載もありました。

 

ですので、症状の悪化や副作用を避ける為にも、かぶれに使うことはおすすめされていません。

 

 

デリケートゾーンのできものには塗っていいの??

 

デリケートゾーンのできものの中にはニキビに似た「粉瘤腫(ふんりゅうしゅ)」と呼ばれるものがあります。

 

見た目はにきびに似ていますが、これは顔にできるニキビの原因と言われているアクネ菌から生じるものではなく、皮膚からはがれ落ちた垢などの老廃物が、皮膚の下にたまってできる良性の腫瘤(おでき)で、原因がそもそも違いますので当然、治療法もお顔にできるニキビとは異なります。

 

症状によって内服薬(抗生剤)などで治療を行い、場合によっては切除手術が必要な場合もありますので、自己判断をせずに婦人科で診てもらい正しい薬を処方してもらいましょう。

 

 

デリケートゾーンの傷には塗っていいの??

 

ビキニラインの部分で通常の皮膚の部分であれば問題ないかと思います。

 

ただ、関係部位が皮膚だけになっていることから、外陰部(がいいんぶ)や小陰唇(しょういんしん)などの粘膜部分に使うのは刺激が強すぎるので避けた方が良いと思います。

 

オロナインには殺菌効果があるので、膣内に入り込んでしまうと、膣内を正常に保つ菌が殺菌されてしまい、カンジダなどの病原菌が増えやすくなります。

 

そうなってしまうと傷を治癒するどころか、新たな病気を招いてしまうので、使う範囲はあくまでもVゾーンの皮膚部分にとどめておくようにしてください。

 

カンジダ豆知識

カンジダは男性も女性にも発症する性病のひとつです。

 

パートナーから感染することもありますが、もともと人の体内にある菌とも言われ、他のS性病とは少し性質の違うものとなります。

 

女性の場合は、典型的な症状として外陰部のかゆみがあり、ヨーグルト状のおりものが増えたりします。

 

風邪、疲労、ストレスなどで免疫力が低下したり、ステロイド剤、抗生物質の濫用や妊娠などで症状が出ることがあります。

 

少数ですが、再発を繰り返す場合もあります。

 

なお、治療に時間がかかる場合もありますが、免疫力の低下を防ぐための健康的な生活を心がけて、通気性の悪い下着やきついガードル、ジーンズなどを避け、カンジダ菌の生息しにくい環境をつくることも大切です。

 

 

デリケートゾーンの黒ずみにオロナインを塗ったら効果はあるの??

 

 

 

オロナインに関する一般的な知識や効果については分かったと思います。

 

では当ページのメインテーマであるオロナインのデリケートゾーンの黒ずみ解消効果について解説していきます。

 

効能・効用の多いオロナインですが、デリケートゾーンの色素沈着ケアにも効果を示すのでしょうか・・・。

 

 

オロナインはデリケートゾーンの黒ずみを綺麗にする効果はない!

 

結論から言うとオロナインにはデリケートゾーンの黒ずみを綺麗にする効果はありません。

 

いろんなサイトでそういった情報を見かけますが、しっかり成分などを見てみるとデリケートゾーンの黒ずみを美白できるとは言えません。

 

 

効果がないと言い切れる理由

 

デリケートゾーンの黒ずみの原因はこちらのサイトで何度も解説していますが、デリケートゾーンの黒ずみは肌深部に堆積したメラニンになります。

 

オロナインはあくまで肌表面に薄い保護膜を作り肌を外部刺激から守りゆっくり保湿する事しかできません。

 

肌の角質除去やターンオーバー改善効果もなく、メラニン排出を促す効果はありません。

 

よって、デリケートゾーンの黒ずみに対してオロナインを使うのは効果を感じることはできません。

 

 

黒ずみにオロナインを使うのであれば・・・

 

本気でデリケートゾーンの黒ずみを解消したいと言う方は、オロナインでのセルフケアよりも、しっかり製品化されているデリケートゾーンの黒ずみ専用の美白クリームを使うことをおすすめします。

 

クリームなのでお肌の深部のメラニンにまでしっかり届きますし、当然黒ずみ解消効果も高いです。

 

ちなみに、デリケートゾーンの黒ずみケア用のクリームで一番売れてる商品はコチラになります。

 

>>イビサクリーム公式サイト

黒ずみケア専用クリーム 薬用イビサクリーム

 

 

 

【おまけ】妊娠中にオロナインって使ってもいいの??

 

 

 

妊娠中にオロナインを使用してもいいのかもついでに調べましたの気になる方はお読みください^^

 

オロナインの公式サイトの「よくある質問」に以下の説明が記載されていました。

 

オロナインを妊娠中に使っても良いですか?

添付文書の記載事項をよく読んで、適切にご使用いただければ特に制限はありません。

 

 

「添付文書の記載事項」というのは、最初の方にご説明したオロナインの用途や効能・効果のことです。

 

ですので、通常の皮膚の範囲であれば使うことは可能になります。

 

ただ、デリケートゾーンの外陰部や小陰唇などは粘膜でできていて、使うことができる関係部位には該当しません。

 

また、上述していますが、オロナインは殺菌力が強く膣内に入り込んでしまうとカンジダ症などの病気に感染してしまう可能性があります。

 

妊娠中は膣内がアルカリ性に傾くのでカンジダになりやすいみたいです。

 

オロナインで良い菌が排除されてしまうとカンジダに感染する確立がグッと上がってしまいます。

 

カンジダは性交渉時にパートナーから移されるだけのものではないので気をつけましょう!

 

出産時にカンジダ膣炎にかかっていると、赤ちゃんが産道を通るときにカンジダ真菌に感染してしまう恐れがあり、赤ちゃんの口内や股が白くなる鵞口瘡や皮膚炎を発症する場合があります。

 

また、おむつかぶれが酷くなったりする場合もあるので特に注意が必要になります。

 

 

>>デリケートゾーンの黒ずみにお悩みの方はコチラ|TOPページ