デリケートゾーンの黒ずみに効果的な洗い方

デリケートゾーンの黒ずみに効果的な洗い方

 

 

こちらのページでは、デリケートゾーンの黒ずみに対して効果的な洗い方についてご紹介致します。

 

ちなみに、デリケートゾーンの黒ずみだけではなく、消臭にも効果がありますので気になる方は是非チェックしてみてください。

 

デリケートゾーンは、その名の通り、色々な意味でとっても敏感な部分になります。

 

なので、デリケートゾーンを洗うときは身体はもちろんのこと、顔を洗う時よりも細心の注意が必要です。

 

ゴシゴシ強くとデリケートゾーンを洗うと、刺激が強いので、デリケートゾーンの黒ずみには逆効果になってしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

そもそもデリケートゾーンはなんで臭うようになるのか・・・。

 

 

 

デリケートゾーンは分泌物が多く、汚れや古い角質がたまりやすい構造になっています。

 

これらの老廃物がデリケートゾーンのイヤ〜なニオイになってしまいます。

 

 

「じゃあ、それなら老廃物をとるために殺菌成分の入った洗浄剤で念入りに洗えばいいんじゃないの??」

 

 

こういう風に思われている方も多いかもしれませんが、実はそれが大きな誤解なのです。

 

 

デリケートゾーンと老廃物の関係

 

健康なデリケートゾーンは、お肌の「潤いバリア」でむすばれていて、老廃物や刺激からお肌を守ってくれます。

 

デリケートゾーンの皮膚は他の部分とは違って、とても薄くてもろいので、洗浄剤など強い成分で洗ったり、スポンジでゴシゴシ洗いすぎてしまうと、老廃物と一緒に「潤い」まで奪われてしまいます。

 

そのまま放置しちゃいますと、「潤いバリア」がなくなってしまい、さらに乾燥が進んでしまうとバリアの保護を失った皮膚は、汚れや古い角質などの老廃物が蓄積し放題になってしまいます・・・。

 

その結果、あのイヤ〜なニオイになってしまうのです。

 

デリケートゾーンの洗い方が不十分だとどうなるのか・・・。

 

 

 

デリケートゾーンのケアが不十分だと、いったいどうなるのでしょうか・・・。

 

それはデリケートゾーンに雑菌が繁殖して、嫌な臭いになるだけではなく、かゆみの原因にもなります。

 

雑菌の例としては、カンジタ菌や大腸菌、ブドウ球菌などが挙げられます。

 

なかなか友人にも言えないですが、臭いやかゆみに悩んでいる女性は実は多いです。

 

ですが、デリケートゾーンの洗い方をしっかり見直すだけでそのような悩みがすっかり解消した!ということもケースとしてかなりあります。

 

デリケートゾーンは、複雑に入り組んだ構造ゆなので、おりものなどの分泌物がこびりついた「恥垢(ちこう)」と呼ばれる垢、尿、それに時にはトイレットペーパーがこびりついていたりと汚れやすいのです。

 

さらには、大陰唇にはアポクリン腺という汗腺も多く分布しているため、わきと同様放っておいてしまうとどうしても臭ってしまうのです・・・。

 

※放置しすぎると強烈な「わきが」と同じようなニオイを放つこともあります。陰部からのニオイは「外陰部臭症」といって、通称「すそわきが」と呼ばれています。

 

 

なので、今までは体を洗う時と一緒に何となく適当に済ませてきた、というあなたは、是非一度、手鏡などで自分の局部を見てみて下さい。

 

お風呂に入る前と、お風呂に入って洗ったあとにもう一度比べて見てみれば、どこにどれだけの汚れがたまっているか、十分にしっかり洗えているのか一目瞭然だと思います。

 

生理中でもデリケートゾーンを洗ってもいいの??

 

 

 

女性なら約28日周期で訪れるお月様の日。

 

こまめにナプキンを変えたいところですが、なかなかトイレに行けずに、生理中は長時間ナプキンを変えずにそのままつけている人が多いのではないでしょうか?

 

そんなナプキンの中はとてもムレてますので雑菌が増えて、どうしても不潔なりやすいですし、清潔に保つためにも、生理中の洗い方が気になるところですよね。

 

生理中のデリケートゾーンの洗い方で気をつけるべき点を以下にまとめてみましたのでチェックしてください!

 

 

泡立てた石鹸で優しく洗う

ゴシゴシと強く洗うのではなく、デリケートゾーン専用の石鹸をしっかり泡立ててから、指の腹でくるくるとマッサージするように洗うとよいでしょう。 また、局部に傷がつかないように事前に爪を切っておくことも大事になります。

 

膣内を石鹸で洗わないようにする

石鹸を使って指で膣の中を洗うのは避けてください。 それは、膣内の良い常在菌を洗い流してしまう可能性があるからです。

 

アンダーヘアをカットする

陰毛に生理による血が付くと、雑菌が繁殖しまう原因になります。アンダーヘアをカットすることは、デリケートゾーンのムレ対策にもなり、雑菌の繁殖を抑えることができます。

 

 

生理中のデリケートゾーンのの洗い方には普段よりも気をつけて、健康に快適な状態で過ごせるようにしてください!

 

泡でやさしく洗うことが大事!!

 

 

 

デリケートゾーンは敏感な場所になりますので、石鹸やボディソープを直接つけるなんてことは絶対しないで下さい。

 

特にボディソープは直接つけてしまいがちですので要注意です!

 

上述してますが、デリケートゾーンをスポンジでゴシゴシとこするように洗うなんてもってのほかです。

 

デリケートゾーンはやさしく泡で洗ってあげましょう。

 

デリケートゾーン用石鹸・専用ソープを泡立てて、その泡をデリケートゾーンに2〜3分のせるのが効果的になります。

 

 

@最初に泡立てる

デリケートゾーンを洗う場合は、デリケートゾーン石鹸・専用ソープを手に取り最初に泡立てましょう。

 

ただし、デリケートゾーン用ソープは植物由来の成分を配合しているものが多いので、市販のボディソープに比べると泡立ちが悪いです。

 

100均などで売ってる泡立てネット使うと、泡立ちの悪い石鹸・ソープでもしっかりと泡立つのでおすすめです。

 

 

A泡パックをする

デリケートゾーン用のソープを泡立てた後は、デリケートゾーンに泡をのせます。

 

モコモコした泡が出来なくても、ちょっとした泡で大丈夫です。

 

デリケートゾーンの黒ずみが気になる場所へ泡をのせてください。

 

目安としては3分ほどで大丈夫です。

 

あまり長い時間、泡パックするとデリケートゾーンへの刺激が強くなってしまいます。

 

また、短すぎても洗浄効果が落ちてしまいます。

 

なので、3分を目安として泡パックして下さい。

 

おすすめデリケートゾーン専用ソープ

 

 

 

当サイトでおすすめしているデリケートゾーン専用ソープは、「アンボーテフェミニーナウォッシュ」になります。

 

私も今はこれを愛用しています。

 

デリケートゾーンには由来や品質を保証されたデリケートゾーン専用のケア用品が必要になります。

 

デリケートゾーンはまぶたよりも皮膚が薄くて、ちょっとした刺激でも荒れてしまう原因になるので、顔やボディ用のスキンケア用品はNGです!

 

さらに皮膚吸収もしやすい場所なので、できるだけ由来や品質のはっきりした成分を使いたいところです。

 

そして、(これは私だけかもしれないですが、)できれば手軽に忘れることなくケアしたいですよね?

 

そんな女性の願いを叶えるためのデリケートゾーン専用ぞーぷが「アンボーテフェミニーナウォッシュ」になります。

 

しっかり優しく洗うことで保湿して黒ずみ・臭い対策になります。

 

植物の実や葉、ナチュラルなハーブなどの植物由来の成分を配合しているので、黒ずみ・匂い・かゆみにも効果を感じれます。

 

 

>>アンボーテの詳細はコチラ

 

 

 

数ある専用ソープから「アンボーテ」をおすすめする3つの理由

 

 

 

とはいっても正直、デリケートゾーン専用の石鹸や専用ソープはほかでもいろいろ見たことある、という方もいるかと思います。

 

私もかなりいろいろと探し回りましたからその気持ち、よくわかります。笑

 

私がアンボーテをおすすめするのは、単に私がいま使ってるからだけではありません。

 

 

日本で初めて世界基準のCOSMOS認証を取得したデリケートソープ

 


@原材料は自然材料(水、ミネラル、農業系材料)を極力、使用すること。なお農業系材料の処理方法は2種類です。「物理的処理」と「化学的処理」があります。

 

A物理的処理を経る農業系材料のうち、最低95%の材料をオーガニックなものにしなくてはいけない。また物理的処理を経る農業系材料は遺伝子組み換え材料を除いたものを使用するという規定もあります。

 

B完成製品の最低20%をオーガニックとしなくてはならない。

 

C例外として、リンスオフ製品(Rinse-off product)は完成商品の最低10%をオーガニックとすることが求められる。リンスオフ製品とは、使った後、洗い流すもので、シャンプー、コンディショナー、液体ボディーソープなどがこれに該当します。

 

D化学的処理を経る農業系材料は、オーガニック原材料を使用し、環境に優しい「グリーン化学」に基づく化学処理を条件にオーガニックの認定対象となることが可能です。ちなみに「グリーン化学」のいくつかの条件をあげると、「原料に対するX線・ガンマ線の照射禁止」、「非持続性成分(生分解性成分)のみが認められている」、「ナノ化したミネラル成分は使用禁止」などがあります。
2015年1月以降、化学的処理を経る農業系材料に関しては最低30%オーガニック原料使用が求められる予定です。

 

E水やミネラルはオーガニックとしての認定対象にならない。

 

F石油化学系の成分や触媒、溶媒を使用してはならない。しかし、2014年12月31日迄は移行期にあるため、現在のところは例外として化学的処理を経る農業系材料について石油化学系溶媒を使用許可。また完成商品の2%を限度に石油化学成分を許可しています。
許可されている石油系の合成保存料は、「安息香酸、サリチル酸、ソルビン酸、ペンチルアルコール、デヒドロ酢酸」などです。
そのほかの移行期(2014年12月31日)まで使用を許可されている合成成分は、乳化剤と洗浄成分として、「両イオン合成界面活性剤」、「非イオン合成界面活性剤」「陰イオン合成界面活性剤」などの合成界面活性剤があります。


参照元⇒日本オーガニックコスメ協会

 

といった世界基準の厳しい条件を全てクリアしているオーガニック商品で、赤ちゃんのお肌にも使えるくらいの優しいつくりになっています。

 

 

オーガニックの花々のエキスがこれでもかと詰め込まれてる

 

ダマスクローズ水

豊かな香りとあでやかな姿で言わずと知れた花の女王「バラの花」になります。

 

その中でも高品質なブルガリア産のダスクローズからとられたローズ水を成分としてふんだんに使用しています。成分を角質層への浸透を助けてくれるビタミンCも豊富に含まれているため、優雅な香りとともにバラのエッセンスが溶けた潤いをデリケートな皮膚にしっかりと届けてくれます。

 

 

アロエベラ

ざくりと切ったときにこぼれ出す透明なしずく、そのみずみずしさの示す通り、あふれるほどの保水力を持っている植物がアロエベラになります。

 

その保水力の源であるムコ多糖体は、角質層の奥まで水分を蓄えて、さらに表面には潤いのヴェールを作る性質があるため、洗浄で失われたデリケートゾーンの潤いバリアを補って健康な皮膚の状態を保ってくれます。

 

 

マロウ(ゼニアオイ)

レモンを加えるとブルーからピンクに変わる不思議なハーブティーとしても有名なマロウ。

 

実はスキンケア成分としてもとても優秀なんです。葉からにじむエキスは、保水力の高い多糖体を多く含んでいるため粘性が強くて、皮膚から守ってしっかりと保湿してくれます。

 

 

他にも、豊富なビタミンCが乱れた皮膚のキメを整えてくれる「ローズヒップ」、高山で咲く花のエキスが皮膚をひきしめてくれる「エーデルワイス」、古来から伝わる美肌のハーブが皮膚のハリを保たせてくれる「エルダーフラワー」などなど、様々な花々の恵みをぎっしりと詰め込んでいます。

 

95%以上がオーガニック成分ですので、安心してお使いできます^^

 

 

ネット通販でよくある定期購入の縛りがない

 

これまで配合されてる成分のことについてお伝えしてきましたが、アンボーテはそれだけじゃありません。

 

ネット通販をしたことある方ならお分かりかと思いますが、こういった商品って、毎月届く定期購入のような形で申し込むと、良い商品、悪い商品関係なく、「最低3回か4回くらい続けるまでは解約できません。」という縛りがあるものが多いです。

 

ですが、アンボーテは通常価格より43%安くなる、定期コースで購入しても2回目が届く前にメーカーに連絡すれば解約可能です。

 

これには商品に対する自信とともに、お客様への配慮が感じれて私としてはかなり好感を持てました。

 

 

アンボーテはオーガニックの美容成分たっぷりのソープなのでデリケートゾーンだけじゃなく、ニオイが気になる足の裏やワキなどにも使えます。デリケートゾーンだけじゃなく気になる部分にも優しく泡で洗ってください。

 

私は最初はデリケート部分だけ使ってましたが、今はボディソープとして全身に使ってます^^

 

デリケートゾーンだけでなく脇や足のムズムズ感とニオイが気にならなくなったので試してみてよかったです。

 

 

アンボーテ