馬油でデリケートゾーンの黒ずみケアは可能??

馬油でデリケートゾーンの黒ずみケアは可能??

 

 

デリケートゾーンの黒ずみや色素沈着ケアの方法のひとつに馬油を使って綺麗にする方法があります。

 

馬油は最近注目されている美容成分で、スキンケアやスカルプケアなんかにも使われています。

 

そんな馬油ですが、本当にデリケートゾーンの黒ずみを綺麗にする効果があるのでしょうか・・・。

 

こちらのページでは、そんな馬油によるデリケートゾーンの黒ずみ解消効果について解説していきたいと思います。

 

馬油でのデリケートゾーンの黒ずみケアを検討されている方は是非チェックしてみてください。

 

 

 

 

 

 

そもそも馬油ってなに??

 

馬油によるデリケートゾーンの色素沈着を綺麗にする効果について解説する前に、基礎知識として馬油とはどんな成分なのかについて紹介したいと思います。

 

温泉なんかに泊まりに行くと、馬油のシャンプーなんかをたまに目にすることもありますが、まだまだ一般的には知名度の低い成分ですので、一度チェックしてみてください。

 

 

馬油の成分

馬油はその名の通り馬の脂質から抽出した油になります。

 

正式の呼び方は「バユ」ではなく、「バーユ」と言います。

 

馬油は人間の細胞間脂質に非常に近い成分で肌との相性が非常に良くスキンケアやスカルプケアに使われています。

 

馬セラミドという成分が角質層にまでしっかり浸透し肌に潤いとハリを与える特徴があります。

 

 

馬油の効果

 

デリケートゾーンに限らず一般的な馬油の3つの効果・効能についてそれぞれ解説していきます。

 

肌の酸化を防ぐ

馬油が肌に良いとされるのは、この肌の酸化を防ぐという効果によります。

 

肌の酸化は「肌のサビ」とも呼ばれ、シワやシミの原因になります。

 

馬油は肌への浸透力が高く角質層まで浸透して、肌に溜まった活性酸素を追い出し肌の酸化を防いでくれます。

 

 

肌の炎症を抑える

馬油には肌の炎症を抑えて肌環境を健やかに保つ効果があります。

 

そのため肌の乾燥などの保湿効果も高くスキンケアだけでなく頭皮のスカルプケアにも多く利用されています。

 

乾燥による痒みや痛みなどもしっかり抑える効果もあります。

 

 

ターンオーバー促進効果

馬油には肌の細胞の働きを活性化させターンオーバー周期を促進させる作用があります。

 

そのためどんどん新しいお肌が表面に出てくるので、常に潤いのあるピンとした肌を作ることが出来ます。

 

 

【結論】馬油でデリケートゾーンの黒ずみケアは可能??

 

 

 

馬油はしっかりと、デリケートゾーンの色素沈着を綺麗にする効果があります。

 

肌のターンオーバーを促進させる効果があるので、それに伴って肌深部に溜まっていたメラニンを肌表面に持ってくることができやがては排出することができます。

 

ただし馬油によるデリケートゾーンの黒ずみケアはスキンケアの域を出ず、あくまで「2次効果」的なものになります。

 

本来馬油は肌の保湿や環境改善が主な効果なのでデリケートゾーンの黒ずみを綺麗にする効果に着目して言うと効果は薄くなります。

 

なので、本気でデリケートゾーンの黒ずみをきれいにしたいのであれば、馬油をおすすめすることはできません・・・。

 

残念ながらデリケートゾーンの黒ずみに対して、馬油では満足のいく効果は得られないと思います。

 

本気でデリケートゾーンの黒ずみを解消したいと言う方は、馬油でのセルフケアするよりも、しっかりと製品化されているデリケートゾーンの黒ずみ専用の美白クリームを使うことをおすすめします。

 

クリームなのでお肌の深部のメラニンにまでしっかり届きますし、当然黒ずみ解消効果も高いです。

 

 

ちなみに、デリケートゾーンの黒ずみケア用のクリームで一番売れてる商品はコチラになります。

 

>>イビサクリーム公式サイト

黒ずみケア専用クリーム 薬用イビサクリーム

 

 

【おまけ】馬油はデリケートゾーンのニオイには効くの??

 

 

 

女性にとってデリケートゾーンの臭いは黒ずみ同様に気になるものですよね・・・。

 

普段からケアしているつもりでも、気がついた時には臭いがしているなんてことも・・・。

 

また、友達や家族にもなかなか相談もできるものではないので、対処方法がわからず自己流の対処あるいは、そのまま放置している方も多いと思います。

 

臭い対策をするためにまずは臭いの原因を把握しておくことが重要になります。

 

デリケートゾーンの臭いですが、生理中やおりものが多いときは自分でもわかるぐらい強烈な臭いがすることもあります。

 

女性の下着はお肌に密着していることがほとんどですし、蒸れによって恥垢と呼ばれる垢が溜まり、雑菌が繁殖しやすい環境にあります。

 

 

臭いの原因はいくつかあげられますが、大まかに分類しますと、以下の4つが主な原因と考えられています。

 

細菌性膣炎

自浄作用低下によって、一般細菌から引き起こされる症状。

 

STD(性感染症)

性行為によって感染する感染症。

 

酵母菌感染症(カンジダ感染症)

皮膚や粘膜の湿ったところで引き起こされる感染症。

 

骨盤炎症性疾患

子宮内膜や卵管に生じる炎症。

 

これらの他にもニンニクのような臭いがきつい食べ物を食べたときや、ストレスなどでホルモンバランスが崩れると皮膚や粘膜の抵抗力が落ちたときに臭いが強くなることがあります。

 

 

デリケートゾーンの臭い対策

 

デリケートゾーンの臭い対策のポイントは2つです。

 

@ゴシゴシこすらず優しく洗う

 

顔以上に優しく洗うことを意識しましょう。

 

ゴシゴシこするのではなく、しっかりと石鹸を泡立て、肌の上にのせるようにして泡で洗うようにしてください。

 

この時に注意しないといけないのが、膣内部は避けて外側を中心に洗いあげることです。

 

汚れを落とすつもりで内部まで洗ってしまうと細菌が侵入し、時間が経つとかえって臭いが強くなってしまいます。

 

また、女性の陰部は複雑な形状をしているので洗い残しがあることが多い部位になります。

 

汚れが残っていると良くないのはもちろんですが、石鹸などの流し残しがあるとさらに雑菌を繁殖させてしまうことに・・・。

 

イチバンの注意点としては、ゴシゴシと強く洗うのは絶対にやってはいけません。

 

デリケートゾーンは傷付きやすい部位ですので、傷口から雑菌が入ると炎症を起こしてしまいます。

 

 

A傷補修や細菌感染予防、乾燥防止のためにオイルを塗る

 

自分では気づかないうちにデリケートゾーンには傷ができています。

 

洗うだけでは落としきれない細菌も存在しますので洗った後のケアは非常に重要になります。

 

このケアを怠ると乾燥もするので、臭いだけでなく、黒ずみの原因にもなります。

 

そこでケアの際に役立つのが液状タイプの馬油になります。

 

馬油には抗酸化作用や殺菌作用、そして保湿作用があり、肌に優しい成分が含まれているのでデリケートゾーンに使っても問題ありません。

 

黒ずみにはあまり効果を期待できませんが、ニオイにはある程度の効果を期待できると思います。

 

もちろん、デリケートゾーンのニオイ対策に一番いいのは専用の石鹸で洗うのが一番ですが、馬油を使ってみるのもいいかもしれないですね^^

 

 

ちなみに当サイトで一番オススメのデリケートゾーン用保湿美容液ソープはコチラになります。
>>アンボーテフェミニーナウォッシュ公式サイト