デリケートゾーン,黒ずみ,美白,クリーム

食事でできる紫外線対策!

 

 

紫外線が日に日に強くなる季節に入りましたね・・・。紫外線も黒ずみの原因のひとつになります。

 

最近では、体の内側からの紫外線ケアも話題です。こちらのページでは食事でできる紫外線対策についてご紹介いたします。

 

まず、当たり前ですが紫外線は浴びすぎないことが大切になります。

 

もし浴びすぎてしまったらクリームなどでの外側からのケアに加えて、体の内側からも対策をしていきましょう。栄養素の中には、お肌のターンオーバーのサポートや、皮膚のバリア機能の向上、紫外線による活性酵素の発生を抑える働きを持つものがあります。紫外線が強い季節は、特にそれらを普段の食事に取り入れていくのがおすすめになります。

 

また、紫外線対策にはなんといっても予防も大切です。浴びる前にとっておきたい食べ物があるのでチェックしていきましょう!

 

 

紫外線のダメージを受けたら摂りたい3大ビタミン!

 

ビタミンA、ビタミンC、ビタミンEはまとめて「ビタミンACE(エース)」とも呼ばれていて、お肌の健康維持に欠かせない存在です。紫外線を浴びてダメージを受けたときには積極的に摂りたい栄養素になります。

 

ビタミンA

皮膚の免疫機能やバリア機能を維持するために必要な栄養素になります。日焼けで皮膚が乾燥するとお肌に悪さをする菌の影響を受けやすいので、防御するために意識してとりましょう!
レバーやうなぎなどが多く含んでいます。また、にんじんなどの緑黄色野菜やブルーベリーに含まれるβカロチンは、体内でビタミンAに変化します。

 

ビタミンC

できてしまったらメラニン色素を無色に還元するのを助けてくれます。また、体のサビとなって老化の原因となる、紫外線による活性酵素の生成を抑えてくれる働きもあります。パプリカ、ブロッコリー、ゴーヤ、カリフラワー、さつもいもなどに多く含まれています。

 

ビタミンE

「若返りのビタミン」とも呼ばれるほど、抗酸化力の強い栄養素になります。紫外線により発生する活性酵素の影響で細胞が老化してしまうのを防ぐ働きが期待できます。アーモンドなどのナッツ類などがビタミンEを多く含んでいます。

 

 

紫外線ダメージを受ける前&受けた後に摂りたい食材

最新に研究によって、紫外線によるダメージを予防または、アフターケアしてくれる食べ物があることがわかってきています。3つともスーパーなどで手に入る身近な食材ですので気軽に摂れますね。

 

トマト

トマトに含まれる赤い色素「リコピン」には強い抗酸化力があります。また、紫外線を浴びるとコラーゲンが減少しますが、リコピンにはそれらを抑えてくれるパワーもあります。油と一緒に摂るとより効果的になります。

 

鮭をはじめ、えびやかに、たらこなどに含まれる赤い色素「アスタキサンチン」にはビタミンEよりもさらに強い抗酸化力があり、紫外線により発生した活性酵素の除去に役立ちます。

 

ヨーグルト

ヨーグルトなどの発酵食品には腸内環境を整えて、代謝を高めてくれる働きがあります。お肌のターンオーバーが正常化するので、シミやしわ、黒ずみなどの肌トラブルからガードしてくれます。また、摂った栄養をきちんと吸収するための環境を整えてくれます。

 

最新の研究により、「コラーゲンペプチド及びミルクセラミド入りヨーグルト」には更なる紫外線ダメージへの効果があることが判明しました。神戸大学名誉教授であり、再生未来クリニック神戸院長の市橋正光氏が行った臨床実験では、「コラーゲンペプチド及びミルクセラミド入りヨーグルト」を28日間継続的に摂取することで、紫外線による赤みと色素沈着が抑制されるという結果がでました。

 

 

⇒デリケートゾーンの黒ずみにおすすめの美白クリームベスト3