デリケートゾーン,黒ずみ,美白,クリーム

UVについてのアレコレ|紫外線のこと知っていますか?

 

 

「夏だからUVケアをちゃんとやってます」と言いつつ、実は紫外線の仕組みや何が悪いのかなんて疑問だらけですよね・・・。

 

紫外線を浴びるのも黒ずみの原因のひとつになります。夏本番の今こそ、きちんおさらいしてお肌の劣化を防ぎましょう!

 

 

そもそもUV(紫外線)を浴びるとどうなるの??

メラニンの生成を促進して、シミやくすみの原因となるだけでなく、波長の長いUVAは、お肌の弾力に関わるコラーゲンやエラスチンにダメージを与え、シアやたるみを引き起こす可能性があります。

 

紫外線はDNAを傷つけるため、免疫力の低下や皮膚がんに発展することもあります。

 

 

紫外線ってお肌以外にも悪影響あるの??

紫外線を浴びることで細胞が炎症を起こして、ごわつきやかさつきなど慢性的な肌荒れに悩んだり、風邪をひきやすくなることもあります。髪の毛のたんぱく質がダメージを受けて、肌と同様にパサつきや乾燥などのトラブルが出やすくなります瞳の水晶体に影響が出るとも言われています。

 

 

UVAとUVBって何が違うの??

これは波長の違いになります。波長が長く、お肌の真皮までダメージを与えるのがUVAで、比較的波長が短く、おもに表皮に影響を与えるのがUVBになります。地上に届く紫外線のうち、約9割がUVAになります。UVAは、シワやたるみの、UVBはメラニン生成を促進して、シミやくすみ、黒ずみの原因になります。

 

 

雨や曇りの日は紫外線対策しなくても大丈夫??

快晴の日に比べて、曇りの日で50%、雨の日でも30%の紫外線が降り注いでいます。曇りだから日焼け止めを塗らずに出かけたら、翌日にはくっきり日焼けに・・・。という経験をしたことがある人も多いのではないでしょうか。

 

 

窓が曇りガラスだったら紫外線は遮断できてる??

UVAはガラスでは防ぐことはできません。ガラスを透過するのがUVAの厄介なところになります。UVBはある程度防げても、UVAのダメージは屋外にいるときと同様に受けてしまいます。UVカットガラスもありますが、屋内にいても日焼け止めを塗るなど対策した方が安心です。

 

 

梅雨が明けてからのUVケアでは遅い??

太陽が昇ってる限り、紫外線は常に降り注いでます。季節や天候にかかわらず、UVケアは一年中が鉄則になります。UVAは1月から多くなってるので、梅雨どころか冬も油断ができません。時間帯でいうと、正午前後が最も紫外線量が多くなります。

 

 

紫外線さえブロックすればばっちり??

ブルーライトや近赤外線、大気汚染にも注意が必要です。お肌への影響力でいえば、紫外線がダントツナンバーワンになります。しかしながらブルーライトや近赤外線、PM2,5などの大気汚染による微小炎症もあります。微小炎症が蓄積するとさまざまなトラブルに発展してしまいます。

 

 

目も日焼けするの??

お肌のように色が変わるということはありませんが、紫外線を浴びることで眼球に炎症が起こり、白目部分が充血したり、角膜が腫れてしまうことも・・・。繰り返すと白内障のリスクも高まるので、目薬でこまめにケアをするのがおすすめです。

 

 

⇒デリケートゾーンの黒ずみにおすすめの美白クリームベスト3