デリケートゾーン,黒ずみ,美白,クリーム

30歳から始める体の「洗い方」

 

 

「与える」ケアばかりにこだわって「洗う」ことがおろそかにはなっていませんか??

 

実はお肌はまっさらにして次に使うアイテムの受け入れ状態をよくする「洗う」お手入れこそが更なるキレイのカギになります!いま一度「洗い方」を見直してみてはいかがでしょうか?

 

 

まずはチェック!あなたの「洗い方」間違ってませんか?

 

ふわふわの泡で出てくる洗浄料でやさしく洗うようにしてる

潤いも奪わずスッキリ洗うのにはもってこいです!ここ数年でよく見かけるようになった、プッシュするだけでふわふわの泡で出てくるボディウォッシュや洗顔料。

 

ズボラ??と思いきや実は「ラクしてキレイになれる」今すぐ手にすべきアイテムです。やさしく正しく洗うために注目してみてください。

 

 

デリケートゾーンはしっかり洗って常にキレイをキープ

デリケートゾーンは、デリケートゾーン専用の石鹸でやさしく洗うのがベストになります。粘膜であり、敏感なデリケートゾーンは清潔に保ちたいがゆえにしっかり洗いがちです。

 

とはいえ一般的なボディウォッシュでは刺激に感じることもあるので、弱酸性でやさしく洗える専用石鹸を使って洗うのがおすすめです。

 

 

夏はスッキリ洗いたいからボディタオルでゴシゴシ洗う

ボディタオルの使用は週1〜2回くらいに抑えましょう。確かにサッパリして気持ちいいけど、ボディタオルでゴシゴシ洗うと、必要な皮脂まで落としてしまいボディが乾燥しがちに。

 

30歳以上の大人肌はただでさえ乾燥しがちなので、ボディタオルの使用は週1〜2回くらいにとどめましょう!

 

 

体の正しい洗い方

夏は特に、紫外線やエアコンなどでお肌だけでなくボディも同じくらい乾燥します。さらに汗やベタつきが気になるから、ゴシゴシ洗いすぎて必要以上に潤いを奪ってしまっている人も多くみられます。

 

ボディタオルの摩擦はくすみ・黒ずみにつながることもありますし、週1〜2回にとどめるのが無難になります。顔と同じくらい皮脂腺が活発に働いてるデコルテと背中はしっかりめに、そのほかの部位は泡をしっかりとたてて手洗いするくらいで十分です。

 

ボディソープはやわらかな泡がたつものが前提ですが、お肌に浸透するものではないのでさほど神経質にならず、香りや好みで選んで大丈夫です。とはいえ刺激を受けやすいデリケートゾーンは専用石鹸を取り入れるのが賢明です。

 

デコルテと背中はしっかりめに洗う

デコルテと背中は、顔と同じくらい皮脂腺が活発に働く部位です。顔と同じ気持ちでお手入れをしましょう!

 

基本的には泡で手洗い、週1〜2回はボディウォッシュをしっかり泡立てたうえで、ボディタオルを使うようにしましょう。垢が気になる人は状態に応じてタオル使用の回数を調整してください。

 

心臓に向かって下から上に洗って血行アップ

腕や足は先端から心臓に向かってマッサージするように洗うことで、血流やリンパの流れを促し、むくみや疲れを和らげる効果もあります。また、バスタブのふちに足をかけてストレッチしながら洗うなど、「ながら美容」を意識すると時短でキレイが叶います^^

 

足指の間は手指を入れ足指を開きながら洗って

足先は指の間に手指を入れて、足指をぐっと開きながら洗いましょう。オフィスの冷房などで血行が滞りがちな足先をケアしながら、パンプス&ストッキングで蒸れて繁殖しがちな雑菌もスッキリとオフ!

 

 

⇒デリケートゾーンの黒ずみにおすすめの美白クリームベスト3